2017年2月21日火曜日

さっき見た笑顔が、今世最後。。。

今日は、ちょっとびっくりなニュースがありました。

先週、シャンバラプチホテルに
ヨガリトリートの参加者として来ていた女性が
滞在先のコスメル島で
亡くなったというのです。

一週間、ここに滞在した後
ダイビングをするために
一人でコスメル島に出かけていきました。

ご縁があったのか
彼女とは、よくお話しするチャンスがあり
チェックアウトの時も
ずっと一緒にいて
お迎えのシャトルがくるまで
お話ししていました。

お仕事は薬剤師さんなのですが
ダイビングが生きがいで
これが無かったら生きていかれないと!

いろんなダイビングスポットに言ったけど
コスメルが最高なんだ!ということでした。

私はコスメル島には行ったことがあるけれど
怖くてダイビングはしたことが無いので
いろんな話を聞いて、
想像を膨らませていました。

彼女が出発した日は
とても風の強い日で
プラヤデルカルメンからコスメル行きの船が
ちゃんと出るといいね~などと話していたのです。

そしてその翌日、事件は起きました。

ダイビングに行ったまま、彼女は帰らぬ人となったのです。

私は彼女とFBで友達になっていたのですが
お母さんが彼女の死をFBにアップしたことで
事件を知りました。

お母さんは、彼女が一番好きなことをしているときに
逝ったのがせめてもの救いだ。。と書いていました。

ダイビングのことを語るときの彼女は
私がペルーを語る以上に熱く、
彼女にとっては本当に生きがいだったんでしょう。

本望だったのかもしれませんが
でも若すぎる死でした。

オーナーに話したところ
メキシコ人特有の”No mames"(うそだろ?ちょっと待ってよ!とかそういう意味)
 を50回ぐらい繰り返していました。

そして、彼女のために祭壇を作ろう!と言い出しました。



オーナーはチベット仏教かぶれで
前に、チベット仏教の瞑想先生が滞在していたときに
リンポチェに頼んで、
この仏塔を作る許可をもらったらしいです。

一段一段、積み上げるたびに瞑想とお祈りの儀式をして
大変な苦労だったらしいんですが
なんと、一番上の壇の許可が出る前に
その瞑想の先生が雲隠れ。。。(汗)

というわけで、永遠に完成しない仏塔が
シャンバラには放置されているのです。

オーナーにとっては
この仏塔はホテル内で最も神聖なものなので
ここに彼女の祭壇をつくりました。

そしてオーナーは
千羽鶴は仏様に備えるものだと信じているので
何羽でもいいから折って!といわれ
とりあえず、手持ちの紙をあるだけ使っておりました。

千羽には程遠いですけど
気持ちは通じるかな。。。


オーナーと、祭壇を作り終わった後
合掌したら

「運命なんて、本当にわからないね。
今、僕が見てる君の笑顔が
今世見る最後の笑顔になるかもしれないんだよ。
次があるなんて、当たり前じゃないんだ・・・」

と、かみしめるように言っていました。

お子様が生まれたばかりで
新しいカナダ人の奥様をやっとメキシコに連れてきて
一緒に住み始めたオーナーにとっては
ものすごく考えさせられる出来事だったようです。


一期一会。。。

そして、彼女の旅路が穏やかなものでありますように。。。

ご縁をありがとうございました。


合掌


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

2017年2月20日月曜日

かぞくのかたち

トゥルムでいろんなお客様と接していると
家族には本当にいろんな形があるのだな。。。と思います。

離婚なんていうのは、
もう、当たり前のことで
それが2回、3回も
それほど珍しいことではありません。

そもそも
結婚したら一人の人と添い遂げるなんていうのは
奇跡に近いんじゃ??と
思ってしまうほどです。


そして、それぞれの伴侶との間に
子供がいることも普通で
異母兄弟、異父兄弟、
あるいは、全く血はつながってないけど
法律的には兄弟。。。っていう人もたくさんいます。


毎年シャンバラにアートセラピーの
リトリートを連れていらっしゃる姉妹は
すごく顔が似ているんですけど
実際には全く血がつながっていないんだそうです。驚!


お姉さんの方のお母さんと
妹さんの方のお父さんが
彼女たちが小学生ぐらいの時に
子連れて再婚し、そこで初めて”姉妹”となったらしいんですが
同じ環境で育つことで
似てしまうんですかね。。。

てっきり血がつながった本物の姉妹かと思っていましたが
話を聞いてびっくりしました。

でも、そうやって考えると
かぞくのかたちって
本当にいろいろあるな。。。と思うし
血がつながっている、繋がっていないは
思っているほど
こだわらなくてもいいのかも。。。と思ったりもします。


とくに、今は
テクノロジーが発展して
一緒に住んでいない家族とも
ビデオ通話が簡単にできるようになりました。


たとえ親が外国に居ようとも
その気になれば、
毎日でも話ができるわけです。


私が小さい頃は
父親が外国に単身赴任していることが多かったのですが

父親と電話で話すことなど
ほとんどなく(国際電話高かったし!)、
手紙のやりとりもほとんどなく、


半年に一回とか、日本に帰ってきてくれた時に
思いっきり一緒に遊ぶ。。。というのが
唯一のコミュニケーションでした。


というわけで、父親が近くに居た時間は
ほとんどないのですが


それでも、
父親に愛されていないとか
大事にされていない。。。と思ったことは
一度もありませんでした。


子供は子供なりに
遊ぶことでとっても忙しかったし・・・
(勉強はほとんどしていない。笑)


だから、
ヨガリトリートにいらっしゃるお客様が
ご自身のバケーションなのに
毎日、お子様やご家族と
スカイプなどで話しているのを見ると
どこでも繋がれる便利な世の中になったけど
それはそれで大変だな。。。と思います。笑


中には、
一日電話をしないだけで
子供が怒ってしまったりすることもあるらしいです。

とくに、その子供が離婚した相手の家に住んでいて
自分とは一緒に住んでいない場合は特に。。。

もちろん
子供が一向に反応してくれなくて
親が怒っていることもありますけど。。。笑


実際、FACEBOOKは若者離れが激しいと聞いています。
親が常に子供の写真をチェックするので
束縛感があるとか。。。笑

親にしてみれば
FBで子供にどんな友達がいて何をしているかを
チェックできるのはいいことなんでしょうけれど
子供にしたら、イヤですよね~

テクノロジーの発展は
いろんな恩恵をもたらしてくれますが
使い方によっては
いいものにもなるし、
面倒くさいものにもなるんだな。。。と
いろいろ考えさせられます。

とりあえず、一人でメキシコにいる身としては
家族にトゥルムでみたいろんなものを
すぐにインスタグラムなどで見せられるのは
とっても便利だし
日本の家族の状況をリアルタイムで教えてもらえるのも
すごくありがたいですけど。。

ブログというツールも
本当にありがたいな~と思う毎日です。

読んでくださる皆様
ありがとうございます♪


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

2017年2月19日日曜日

ビーチヨガ@トゥルム

数日前、
いつものように朝ビーチに出てみると
なにやら向うの方に
白いテントが。。。



結婚式とかパーティーをやるときに
ああいいうテントを張るので
きっと、また週末はうるさくなるんだろうな。。。と思っていました。

でも、その夜はパーティーがなく
次の日もこのテントがはられたままだったので
あれ??と思って
近づいてみると。。。




なにやら中で
人々がヨガマットを敷いて
動いています。


なんと、ビーチにテントをたてて
臨時のヨガスタジオにしているんだそうです。




このホテルには
ちゃんとしたヨガスタジオがあるんですが
ビーチフロントではないため

ヨガの先生がホテルに頼んで
臨時で作ってもらったみたいです。

下には白く塗られた板を敷いて
直接砂浜の上でヨガをしなくてもいいように
配慮されていました。

こういうビーチヨガも
ありですね・・・

まあ、シャンバラの場合は
もともとヨガスタジオが
最も眺めのいいビーチフロントにありますので
こういう仕掛けは要らないんですが。。。



ヨガスタジオから
このターコイズブルーが見えちゃうんですから
贅沢ですよね♪

トゥルムで、一番いいヨガスタジオ!と
いろんなヨガの先生からお褒めの言葉をいただいている
自慢のヨガスタジオです♪

日本のヨギニにも
来ていただきたいな~と思っています。



にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

2017年2月18日土曜日

メキシコ人の得意技「それ、私じゃない」

メキシコ人スタッフと働いていて
本当に困るな~と思うことは

指示をまともに聞いてくれないということです。

たとえば、何かが間違っておいてあったり、
掃除されるべき場所がされていなかったり
汚れがあったり
あるべきものが無かったり・・・

そういったミスがあったとき
私は全員に
「こういうことがあったから
次からはこういう風にしてね」と
お願いします。

前は、誰がやったのか?と聞いて回り
その子に伝えようとしていたのですが
絶対に自分がやったとは言わないし
たとえその子がやったことが明らかでも
言い訳し続けて絶対に自分の非は認めません。

犯人捜しをしたり、理由を追及したり、
自分がやったことの非を
認めさせようと努力するのは
時間の無駄ということは
これまでの3年間の経験でよくわかったので、
たとえ誰がやったか知りたいと思っても
あえてそれは聞かないようにしています。

だから、どうしても気を付けてほしいことがあったときや
ミスがあったときには、
全員に対して一般論として

「こういうことがあったから
次にそれを見かけたら
こういう風に直してね」

とお願いするようにしています。

が、しかし。。。

誰を特定するわけでもなく、
一般論としてお願いしても
即答されるのは

「あ、でもそれ私じゃないよ」という答え。

あなたがやったかどうかを聞いてるんじゃないし
私は犯人を捜しているわけでもないの。
こういうことがあったから
もし見かけたら、直してねって
そういうお願いをしているの。

というと、ふーん。。。という顔をするだけです。

とにかく、どの人に言っても

「あ、でもそれは私じゃないから」と即答されるんですね。

誰がやったかは関係ないの。
誰がやったか聞いたって、誰も本当のこと言わないでしょ。
私が言いたいのは、
こういうミスは二度と起きてほしくないから
みんなにお願いしているの。

と、毎回毎回、そこまで説明しなければいけないわけです。。。笑

何を聞いても
自分が責められているんじゃないかと恐れ
それは自分じゃないと言い張らなければいけない
彼らの文化というのは
一体どういうものなのか。。。。

自分もそういうミスをするかもしれないから
気を付けます。。。って
どうして、そういう風に考えられないんだろう。。。

絶対自分は悪くない
万が一何かしたとしても正当な理由がある・・

こういう考え方をしているうちは
何にも学べないと思うんですよね。。。

それとも・・・、
私の言い方に問題があるのか。。。
誰がやったか知りたいっていう
私の深層心理が
彼らに恐怖感を与えるのか。。。

「それは私じゃない」
って即答されるのを
何とか辞めさせる方法を
考えたいと思います。笑

日々、勉強ですね。。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

2017年2月17日金曜日

ドクトールの悲しみ。。。

オーナーの仲良しさんで
トゥルムでクリニックを開いている
ドクトール (Doctor スペイン語で医者のこと)がいます。

見たところ、私よりも年上に見えたんですが
なんと年下だったことが発覚!汗

その奥様も、
すごく年上にみえたんですが
実はかなり年下でした!汗!

いや~メキシコ人って
日本人より大人に見えますよね。。。

で、そのドクトールというのが
飛び級をして、15歳ぐらいで大学の医学部に入ったという
伝説の大秀才らしいんですね。

その後も、飛び級で医師の資格を取り
さらなる勉強を続け
アメリカにも留学したことがあるとか。。。

でも、
現代医療に限界を感じ
東洋医学を習い始め
鍼灸の資格を取ったそうです。

そして自分のクリニックでは
現代医療と東洋医学、
さらに、カイロプラクティック、
オステオパシー、オゾン療法などなど
とにかくいろんな代替医療をつかって
ホリスティック医療を実践している方なのです。

いろんなところでドクトールとして働いていたのですが
10年ぐらいまえにトゥルムに流れ着き
そのままクリニックを開いて住んでいるんだそうです。

海外からも患者さんが来るほどに
有名なクリニックになりつつあったのですが
突然の不幸が。。。


なんと、最愛の奥様が
がんになって余命三カ月と宣告され
余命宣告通りに亡くなってしまったのです。

まだ40歳になる前だったのに。。。

急に体調不良を訴えたので
ドクトールが検診をしたところ
どうやらがんのようだ。。。ということで
大きな病院で本格的な検査をしたのですが

その時は、がんではない。。。といわれたのだそうです。

でも、絶対にがんだと思ったドクトールは
再度彼女を検査に送り
その時に判明したのは
すでに全身に転移していて
もはや何もできない。。。ということでした。

抗がん剤を拒んだ彼女は
ドクトールの献身的な介護を受けながら
その余命を全うされたそうです。

お葬式にいったオーナーによると
ドクトールは、オーナーの目を見るなり
「何にもできなかったんだ。本当に何にもできなかったんだ。。。」と
大粒の涙を流し始めたそうです。

だぶん、彼が一度も味わったことのない
挫折だったのでしょう。。。


そして、ドクトールは
お葬式の場で
妻と自分の患者たちに、
自分の驕りを謝罪したい。。。と言っていたそうです。


メキシコの普通のお葬式では
墓地に遺体を埋めますが

ドクトールの奥様は
遺灰をトゥルムの海へ。。。と希望されたそうです。

聞いたところによると
メキシコの焼き場の火力はものすごく強いので
日本のように骨など全然残らず
灰になるんだそうです。

日本だと、遺灰を海に流したいときは
焼き場で受け取った遺骨を
砕いてもらうサービスを受け、
それをもって、許可のある場所で
海に流さなければいけません。

でも、メキシコでは
焼き場で受け取るのがすでに遺灰なので
そのまま海に流せるようです。

勝手に海にまいていいのかとオーナーにきいたら
もちろん!と言っていたので
日本のような規則はないようです。。。


私はオーナーの代わりにお留守番で
お葬式にはいかなかったのですが

ドクトールの悲しみが
オーナーの話から痛いほど伝わってきました。

私の場合は
家族に何かあったときにお願いできる
ネクストクリニックがあるので
なにはともあれ、安心です♪

少なくとも、
大切な家族の有事に「何もできなかった・・・」っていう言葉は
使いたくない。。。

だから、備えよ常に!って
大切だと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

2017年2月16日木曜日

ケーキ職人のおしごと

ヨガリトリートグループのおひとりが
お誕生日♪ということで
どうしてもチョコレートケーキがいい!!と
ご要望をいただきました。

シェフにきいたところ
チョコレートケーキつくってもらって
もっていくから♪

ということでしたので
楽しみに待っていました。

そして到着したのがこちら。。。。




えええ!!
誰かが食べちゃってる???


いえいえ、
食べちゃったんじゃなくて
実は、チョコレートコーティングのグラサージュが
いきなりはがれてしまったんです。。。。

そして、こんな無残な姿に。。。

シェフが受け取ったときは
大丈夫だったらしいのですが
冷蔵庫に入れている間に
グラサージュのゼラチンが乾燥してしまったらしく、
割れて剥がれて、滑り落ちてしまったのです。。。

いったい、どんな材料使ったら
こんなコーティングになるんでしょう。。。笑

ケーキ職人さんの腕を
疑います。。。。泣

幸い、ケーキは二個あって、
一つはそれほどひどい剥がれ具合ではなかったので
それにろうそくを立てて
お客様の前にお出しし、
こちらの崩れちゃった方は
人数分にお切りして
皆様にお出ししました。笑

いつも、考えられない事件が起きて
非常に楽しめます。笑

でも、次はもっとちゃんとしたケーキ職人さんに
お願いして作ってもらいたいな。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

2017年2月15日水曜日

トゥルムのピザ屋さん

トゥルムは、イタリア人が多いので
ピザ屋さんが多いです。

ビーチエリアにも
たくさんピザ屋がありますが

今回ご紹介するのは
Villas Tulum(ビージャス・トゥルム)という地域にある
アルゼンチン人がやっているピザ屋さんです。

Villas Tulumというのは
トゥルムの中心街から、少し離れたところにある
閑静な住宅街です。

カンクンからトゥルムにくる場合、
トゥルムに入る一番最初の信号の
ちょっと手前を入ったところにあります。

丁度、この信号は、
東側にいくと、トゥルムのビーチエリアにいくことになり
西側に行くと、コバ遺跡や、チチェンイツア方面にいくという
とても重要な十字路にあります。

丁度その角に、
Villas Tulumという住宅街があるんですね。

このVillas Tulumは
ローカルな人も住んでいますが
どちらかというと外国人が多く、
バケーションレンタルをしている家がたくさんあります。

つまり外国人が家主で
それをAirbnbなどで、旅行客に貸しているわけですね。

Villas Tulumは、ビーチエリアに行くにも近いし、
トゥルム遺跡や、グランセノーテにいくにも近いので
結構便利なところにあります。

なので、かなりの数の観光客が
バケーションレンタルでやってきます。

また、外国人の長期滞在者にとっても
家を家具付きで貸してくれるところが
たくさんあるので便利です。

ハイシーズンごとに
トゥルムにやってくる人などにも
人気の地域なのです。

以前は、ただの住宅街でしたが
最近はレストランやバーなども増えてきました。

街に行くにはちょっと遠いので
この住宅街の中にレストランがあるのは
とっても便利なんですね!

そういうわけで、この中にオープンしたのが
ピザ専門店の「El Almacen エルアルマセン」です。

トリップアドバイザーの評価は
こちらをどうぞ!

https://www.tripadvisor.com.mx/Restaurant_Review-g150813-d4695081-Reviews-El_Almacen-Tulum_Yucatan_Peninsula.html


友達が、ピザの生地が薄くて
カリッとしてておいしいんだよ!と言ってましたが
まさにその通りで
すごくおいしかったです!
ただ、日本人には塩がきつすぎるかも。。。笑



この写真に写っている木の板ですが
実はこれがお皿なんです!

ピザをひときれ取って
この木片にのせてから
辛いメキシコ風サルサをかけて
食べるんですね~♪

とてもおいしかったです!

が!!!!!

このVillas Tulumっていう場所は
なにせ犬を放し飼いにしている人が多いんですよ。。。

もちろん野良犬もいっぱいいるんですが。

で、犬がものすごい勢いで
レストランの中に入ってきたり
吠えたりするので
その点が、ちょっと居心地がよくないんですね。。。

犬連れて食べに来ている人も多いし。。。

もちろん、どんな犬でも大歓迎!!という人にとっては
天国のようなレストランですが、

衛生面とかいろいろ考えると
野良犬がうろうろしているのは
ちょっと嫌かな。。。

でも、ピザ自体はカリッカリで
すごくおいしかったです♪

トゥルムにきて、
ヴァケーションレンタルで
Villas Tulumに滞在されることがあれば
ぜひ行ってみてください♪


El Almacen
Dirección: Calle 2 Bis Oriente | Calle 2 Bis Ote, Tulum 77780, Méxic
Teléfono: +52 984 138 6743



にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村